子どもの大学費用どう準備する? 貯金・投資信託・ジュニアNISA 毎月の拠出額を教えます!

子どもの大学費用どう準備する? 貯金・投資信託・ジュニアNISA 毎月の拠出額を教えます! 0歳育児

B型パパ(@BTypePapa)です。

子どもが生まれると、気になるのが先々必要になってくる教育費

漠然と「貯金しておかなきゃなあ」という不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

結局いつまでにいくら必要なのかが定まらないと、貯金が足りているのかいないのかがわかりません

毎月どのくらい貯金しておくと足りるの?

そこで今回は、最も教育費がかかる大学の学費に焦点を当てて考えてみます。

私立大学は一人460万円かかります

文部科学省の最新の調査によれば、私立大学に4年間通わせると460万円かかります

内訳は、毎年の授業料+施設設備費が110万円。初年度の入学金が20万円。

合計して、110万×4年間+20万=460万、という計算です。

もしお子さんが二人いたら、その倍になります

なかなかの金額ですね。

うちは子ども二人なので920万円…

(詳細データは「私立大学等の令和元年度入学者に係る学生納付金等調査結果」をご覧ください)

二人目は年齢差も考えよう!

子どもの教育費を考えるうえでは、年齢差も大事。

何歳差だと、どのようなマネープランになるのか?

4児のぱぱブログさんがわかりやすくまとめてくれています!どうぞご覧ください。

赤ちゃんの時から貯金するとしても月21,300円

相当な金額が必要になることがわかりました。

では実際、子どもが18歳になる時に460万円の貯金を用意するためにどのくらいのペースで貯金が必要なのでしょうか。

毎月の貯金額の目安は、赤ちゃんの時から貯金をすればひと月21,300円

お子さんの年齢が5歳前後からであれば月3万円10歳前後からで5万円くらいです。(下に表を載せています)

早め早めから貯金をしておくほど、毎月の負担額は少なくて済みますが…赤ちゃんの時から始めても月2万も必要になる計算です…!

投資信託を活用して拠出額を抑える

学費を用立てするための手段としては、貯金の他に投資信託を活用する手もあります。

インデックスファンドを長期保有すれば3~5%の利回りを見込める可能性が高いため、毎月の拠出額を抑えることができます。

貯金と比較して、投資信託を活用した場合にどのくらい拠出額が下がるのか見てみましょう。

利回り3%だとしても、貯金に比べて毎月5,000円は抑えられる計算になりますね。

子どもの大学費用 どう準備するか 貯金・投資信託・ジュニアNISA 毎月の拠出額をシミュレーション!

\まずは証券口座を開設しよう!/

ジュニアNISA=大学の学費にするという考え方も

現時点で資金に余力があるのであれば、毎月の投信積立だけでなく、ジュニアNISAをフル活用するのも効果的です。

ジュニアNISAとは、未成年を対象に、投資信託で得られる利益が非課税となる制度です。

普通に投資信託で運用するよりも税金が優遇される分、お得です。

投資可能額は年間80万円まで、かつ2023年までしか投資できません。

ですので、今から始めると3年分の240万円まで投資できます

もし今から丸3年間で240万を準備できるのであれば、それをすべて大学の学費に充てるという考え方ができます

次の表をご覧ください。

子どもの大学費用 どう準備するか 貯金・投資信託・ジュニアNISA 毎月の拠出額をシミュレーション!

仮に今0歳のお子さんでしたら、240万円に到達する時は3歳ですので、その後の運用年数の最大値は15年(3歳から18歳になるまで)としました。

そしてその場合、利回り5%であれば、18歳になる時には240万円が500万円にまで膨れ上がる計算となります。

3%で推移したとしても、460万円には届きませんが400万円弱までにはなる計算です。

学費の大部分の足しにできることは間違いありません

一度ジュニアNISAに金額を貯めておけば、その後は頭を悩ませることなく寝かせておけばいいとも言えます。

ぜひ検討してみてください。

\ジュニアNISAとNISAの違いを知りたい!/

投資信託を始める前に、予備知識を仕入れてください!

投資信託は元本が保証されていませんので、必ずしも資産を増やせるとは限りません

リスクを伴いますので、ぜひ一度予備知識を仕入れてから始めることを強くオススメします!

知識があるのと無いのとでは不安感が違います

こちらにご紹介するような本を参考にしてみてください!

とにかくわかりやすさを重視して、基礎の基礎から知識を仕入れたいということでしたらこちら。

\とにかくわかりやすい入門書/

『お金の増やし方を教えてください!』

先ほども触れた「インデックス投資」について詳しく知りたいのであればこちら。

\インデックス投資を知りたい/

『お金は寝かせて増やしなさい』

投資信託に限らず、お金を増やすための考え方を広く知りたいのであればこちら。

\お金を増やす知識を幅広く仕入れたい/

『お金の大学』

今からしっかりと準備して不安を減らしておきたいものですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました