消臭剤に頼らないオムツにおい対策 鼻を突く刺激臭にさようなら

消臭剤に頼らないオムツにおい対策 鼻を突く刺激臭にさようなら 0歳育児

消臭剤に頼らないオムツにおい対策をご紹介します。

オムツ消臭剤って、

オムツのにおいと混ざり合ってかえって不快なにおいになる気がしませんか…

僕はオムツ消臭剤のにおいが苦手で(サ〇デーとか)、いつも息を止めてオムツゴミを捨てていました。

僕と同じようににおいが苦手なパパママのお役に立てれば幸いです。

ポリ袋に入れてから捨てる

においが外に漏れないように、オムツをポリ袋に入れてから捨てます

特にウンチのオムツはにおいがきついので、

 トイレで中身を流したらポリ袋に入れる

というのをまとめて対処するのを癖づけると良いと思います。

オムツを捨てる用に、台所用キッチンポリ袋をトイレに置いておくのがオススメです。

スーパーでもらえる野菜・果物を入れる用ビニール袋を使ってもよいと思います!

ゴミ袋に重曹を入れておく

重曹をスプーン一杯、オムツ用ゴミ袋に入れておきます。

重曹には消臭効果がありしかも無臭なので、オムツのにおいを自然にやわらげてくれます

新しいゴミ袋に取り換える時に、重曹を一振りしておくのを習慣にするとよいかなと思います。

実は生ゴミにも効果があります!

ゴミ袋を二重にする

何気に盲点なのが「ゴミ箱」そのもののにおいです。

ゴミ箱のにおいは、一度染みついたら落とせません。。

一度ゴミ箱そのものを買い換えました…

ゴミ箱ににおいが移るのをケアするためには、ゴミ袋を二重にします。

これだけでゴミ箱ににおいが染みつくのを防げます。

最初だけ手間ですが、一度セッティングした後は内側のゴミ袋を取り換えるだけでOKです。

風遠しの良い場所にゴミ箱を置く

戸建てであれば、勝手口の裏などの風通しの良いところにゴミ箱を置いておきます。

マンションであれば、トイレかお風呂近くの洗面所かなと思います。

常に換気扇がまわっているので。

以上、どれもささやかな工夫ですが、組み合わせることでだいぶにおいは解消されます!

ゴミの日まで耐えしのげます!

ぜひ少しでも参考になれば幸いです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

\無料えほん&DVDプレゼント中!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました