2021年の節分が2月2日になった理由 図で解説します ヒントは立春が一日早いこと

2021年の節分が2月2日になった理由 図で解説します ヒントは立春が一日早いこと 暮らし

2021年は、2月2日が節分の日でした。

節分って2月3日じゃないの?

どうやら、節分の日は日付が決まっているのではないようですね。

なぜ2021年は2月2日が節分の日になったのか説明していきます。

節分の日は、立春の前日

ニュースで「暦の上ではもう春です」という表現を耳にすることがあると思います。

この暦には春夏秋冬の四季があり、その節目の日をそれぞれ立春、立夏、立秋、立冬と言います

節分の日は、この立春の日の「前日」のこと。

豆まきで鬼退治をするのは、新しい季節が始まる前の日に厄払いをしましょう、という意味があるのですね。

今年は立春の日が一日早い

立春の日が2021年は2月3日と例年より一日早いのだそうです。

なので、節分の日が2月2日になったのですね。

国立天文台暦計算室からの発表、ということなのですが、これ、何をもって今年は一日早いと判断しているのでしょうか。

答えは一日の昼と夜の長さ

なぜ一日早いのかの答えは、一日の昼と夜の長さの違いです。

…どういうこと?

一日の昼と夜の長さ、と言われて思い出すのは、一番昼の長い夏至、夜の長い冬至、昼と夜の長さが同じ春分・秋分の日、だと思います。

これらの日は、微妙に太陽の周期が変わるので日付が変わります。

うるう年で4年に一度調整が入るのと同じ理由です。

そして、立春は、冬至と春分の日のちょうど中間の日にあたります。

2021年は立春が早いですよ、というのは太陽の周期が関係していたのですね。

それを公式に観測している国立天文台が発表した、ということでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました