0歳から楽しめるはじめての絵本 厳選10冊!読み聞かせた時の赤ちゃんの反応も伝えます

0歳から楽しめるはじめての絵本 厳選10冊!読み聞かせた時の赤ちゃんの反応も伝えます 0歳育児

娘が0歳の時に好きだった絵本10冊厳選してご紹介します。

すべて、実際に我が家で読み聞かせてあげた絵本ですので、当時の娘のリアルな反応も詳細にお伝えします!

赤ちゃんは、好きな絵本を読んであげると声を上げて笑ってくれるんです。

かわいすぎますよね・・!

ご紹介するのはどれもベストセラーばかりです。

これから初めて絵本買ってみようかなと考えているパパママの皆さんの参考になれば幸いです。

だるまさんシリーズ「が・の・と」

本屋の絵本コーナーに行けば必ず置いてある、王道中の王道

だるまさんが・だるまさんの・だるまさんとの3冊シリーズです。

我が家でも初めて買ってあげた絵本です。

『だるまさんが』の最後で、だるまさんが「にこっ」と笑う描写があり、娘はそこでいつも声を上げて笑ってくれました

『だるまさんと』の大円団もお気に入りの様子でした。

ちなみに2歳になった今でもたまに思い出したように読んでいます。

今となっては、読み聞かせなくても勝手に本棚から引っ張り出して読んでくれるので、うれし寂しですね。

余談ですが、値段見ずにレジに持って行ったので「絵本ってめっちゃ高いんだな…」と当時思いました笑

Sassyのあかちゃんえほん もぐもぐ

やさいやくだもののカラフルな絵が見開きで読める本です。

大人が見ると直感的に奇抜なデザインに感じるのですが、赤ちゃんにとってはコントラストの強い模様のほうが気に入るみたいです。

読み聞かせも『ばなな ぱっくん もーぐもぐ』のようなリズムの良い言葉が並んでいるので、赤ちゃんと楽しめる絵本になっています。

今思えば、この頃からニンジンやブロッコリーあたりの野菜に親近感を持たせておくのは大事だったなと思います。

何せ、この先、野菜を食べなくなるんでね。。。

Sassyのあかちゃんえほん がおー!

もぐもぐと同じシリーズのどうぶつ版です。

赤ちゃんて不思議で、いろいろ絵本を見せていると『お気に入り』のページが出てくるんですよね。

娘の場合、この本のうまさんのページがお気に入りでした。

先に進めようとすると嫌がったり、読み進めたあともこのページまで戻したり。

何がそんなに気に入っているのかはわからないのですが、娘の意志を感じて嬉しくなったのを覚えています。

しましまぐるぐる

文字通り、しましまとぐるぐるの絵本です。

例によってコントラストの強い配色、線や形は赤ちゃんでもわかるようです。

この本はだんだん慣れてくるとぐるぐるを自分の指でなぞるようになります。

2歳になった今でも読んでいて『ソフトクリーム』や『キャンディー』などがわかるようになったのが嬉しいみたいです。

だあれかな

どうぶつのかわいらしい絵本です。

優しくてほんわかした柔らかい絵が好きなパパママにはおすすめです。

構成は、ぞうさんやおさるさんが隠れていてページをめくると現れるという内容です。

『ながーいおはな だあれかな?』『ぞうさん!』というような。

どうぶつあかちゃんかくれんぼ

こちらもかわいらしいどうぶつの絵本で、優しくてほんわかした絵です。

仕掛け絵本になっています。

例えば、『ちょうちょのあかちゃん どーこだ?』でちょうちょの羽をめくるとあおむしが現れる、というような。

そして特徴的なのは、仕掛けをめくる部分が布の生地でやわらかいこと。

赤ちゃんがめくりやすく、折り目がついたり破れたりしないようになっています。

仕掛け絵本はたくさんありますが布を使っている絵本は珍しいですね。

おめん なりきりえほん

こちらは読み聞かせるというよりも赤ちゃんと遊ぶための絵本です。

ぶたさんやぱんださんのお面になるので、顔にあてて遊んであげましょう

うちの娘は機嫌が良いと笑ってくれたのですが、機嫌がイマイチだと塩対応でした。。

いないいないばぁあそび

赤ちゃんを笑わす定番、いないいないばあの仕掛け絵本です。

わんちゃんやねこちゃんの顔を隠す仕草から、ページを開くと、ばあ!です。

Eテレの某人気番組とは関係ありません

わんわんは出てきません。

はい、あーん!くだもの

くだものの仕掛け絵本です。

これまでご紹介した本に比べると描写がリアルな絵本になります。

0歳児にとってはちょっと味気ないかも…だったので、くだものの絵の上からペンでにこにこの顔を書いてあげたら、娘の食いつきが良くなりました笑

そして、2歳となった今でも読んでいます。

スーパーに売っているくだものややさいがわかるようになってきたので「おんなじ!」と言って喜んでいます。

【番外編】ヨチヨチ父

最後に番外編でパパ向け絵本です。

この記事をお読みいただいている方の多くは、パパママになってまだ日が浅い方なのではないかと想像します。

そろそろ日々の育児に疲れてきていませんか?

そんな皆さんの息抜きにぜひご紹介したい本があります。

パパは共感。ママは落胆。ママっていつもイライラしてるよね?パパって何か蚊帳の外だよね…?

話題の絵本作家・ヨシタケシンスケが、父になってわかった“トホホな真実”を描く、初の育児イラストエッセイ!

本書キャッチコピーより

個人的に大好きな絵本で、娘が生まれてから何度も読み返しています。

何かと戦力外通告をされがちなパパですが、どこの家も同じなんだなあとほっと安心できます。

ヨシタケシンスケさんの絵本はほっこりできるものが多いので、育児で疲れて癒されたい時はオススメです!

\無料えほん&DVDプレゼント中!/

こちらの記事もあわせてお読みください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました