モバイルSuicaとビューカードの組合せは便利でお得 無理せず楽々ポイントGet!

モバイルSuicaとビューカードの組合せは便利でお得 無理せず楽々ポイントGet! 暮らし

この記事では、普段使いのキャッシュレス決済はモバイルSuicaとビューカードの組合せが便利でお得だと思います、という話をします。

理由は、

・常に1.5%の高い還元率

・使える場所を選ばない。Suica使えるところ全て

・決済が早くて楽ちん。ピッ、で一瞬で終わる

です。

JR沿線に住んでいない方でもこの方法は使えます。

詳しくご説明していきます。

1.5%の高い還元率

まず、1.5%がどれだけ高いのか、をご説明します。

クレジットカードの還元率の相場として1.0%以上だと高いと言われています。

一般的なカードだと0.5%程度です。

例えば、マルイのエポスカードやイオンカードが0.5%です。永久不滅ポイントで有名なセゾンカードは0.75%です。

高い還元率で有名な楽天カードですら1.0%ですので、1.5%には及びません。

これらのカードの特徴は、各カード会社の自サービス・自店舗でのショッピングの際には還元率が上がる仕組みです。

楽天カードの例がわかりやすく、楽天の関連サービスを利用すると最大16%まで還元率を引き上げることができます。

でも高還元率の対象は、楽天市場での利用に限定されてしまいます。

1.5%の秘密はオートチャージ

モバイルSuicaの高還元率の秘密はオートチャージです。

ですので、厳密に言えば、Suicaを使ったタイミングでポイントが発生するわけではなく、Suicaにチャージして初めてポイントが発生する仕組みです。

オートチャージと聞くと「使いすぎてしまうのでは・・・」と不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、それはクレジットカードも同じですよね。

節度ある使い方を心掛けさえすれば、こんなに楽な方法はありません。

オートチャージは、JRの改札だけでなく、スマホのアプリからさくっとできます

使える場所を選ばない

日常生活でSuicaを使える場所はたくさんあります。

スーパー、ドラッグストア、コンビニ、ファストフード、レストラン、駅ビルのテナント、自動販売機、駐車場など。

Suicaが使えないようなところは、大概、クレジットも使えません。

普段使いのしやすさは抜群だと思います。

溜まったポイントはそのままSuicaにチャージして使えます

決済が早くて楽ちん

2019年に、キャッシュレス・消費者還元事業の後押しを受け、PayPayを代表とするQRコード決済が流行りましたね。

その後、今もQRコード決済をメインで使っている方は少ないのではないかと思います。

理由はシンプルで決済の手間が煩わしいから。

スマホの画面見せて、読み取ってもらって、レジ側で処理してもらって・・・QRコード決済は時間がかかります。

クレジットカードも然り。カード出して読み取ってもらって、暗証番号入れて・・・と、やはり時間がかかります。

その点、Suicaは一瞬ピッとかざしておしまい。特に操作もいらない。これは楽ですよ

特に、赤ちゃんや小さな子連れで買い物をしなければいけないパパママにはぜひ体感してほしいです。

Suicaに慣れると、クレジットの決済処理を遅い・・・と感じるようになります。

必要なのはモバイルSuicaとビューカード

この方法をするために必要なものは、モバイルSuicaとビューカードです。

モバイルSuica

モバイルSuicaは利用できるスマホ端末が決まっています。

公式サイト『モバイルSuicaのサービス案内』よりご確認ください。

ビューカード

オートチャージを行うためのビューカードです。Suica機能付のものを選びましょう。

いくつか種類があるのですが、オススメは『ビックカメラSuicaカード』です。

年1回の利用で年会費が無料になるからです。

他のビューカードは、2年目以降の年会費が524円かかってしまいますので、お気をつけください。

ちなみに、ビックカメラのお買い物で還元率は11.5%に跳ね上がります。

これだけ注意

魅力満載のモバイルSuica+ビューカードの組み合わせですが、最後に一つだけ注意です。

ビューカード自体を通常利用した場合の還元率は、0.5%と低く抑えられています。

ですので、公共料金や保険等の自動引き落としにビューカードを活用するのはオススメしません。

あくまでもSuicaとして利用し、オートチャージ専門で活用するのがコツ

モバイルSuicaだけを持ち歩くようにして、カードは家に置いたままでも良いくらいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました