前の住人の郵便物が間違って届いたら?付箋を貼ってポストに投函するだけ!

前の住人の郵便物が間違って届いたら?付箋を貼ってポストに投函するだけ! 暮らし

新しく引っ越した先で、前の住人宛てのハガキ・封筒が間違って配達されてきてしまうこと、ありますよね。

前の入居者が転居届を郵便局に出していないのでしょう。

このような場合はどうしたらよいのでしょうか。

付箋を貼って郵便ポストに投函する

実は、対応方法は至ってシンプルです。

届いたハガキや封筒に『誤配達です』と記載した付箋・メモ等を貼り、郵便ポストに投函すればOKです。

最寄りの郵便局に誤配達があった旨を連絡しても問題ありません。

日本郵政のサイトにも同じ説明があります。

万一、他人さまあての郵便物が配達された場合は、郵便物の表面に誤配達である旨記載した付せん等を貼っていただき、郵便差出箱(郵便ポスト)に投函していただくか、郵便物の誤配達があったことを最寄りの郵便局、又はお客様サービス相談センターにご連絡ください。

郵便トラブルのQ&A

勝手に捨てたり中身を開けるのは法律違反です

郵便法という法律で、誤って配達された郵便物の取り扱いルールが定められています。

その内容は、

・捨てずにきちんと郵便局に戻してくださいね

・中身を開けないでくださいね

というものです。

もし間違って中身を開けてしまった場合には、郵便物を補修する必要があります。

そのうえで、「誤って開封したこと」「氏名」「住所」を書いた付箋・メモ等を郵便物に貼り、郵便ポストに投函してください。

メール便、宅配便は宅配業者へ連絡

郵便物の場合は郵便ポストに投函すればOKでしたが、郵便物以外のメール便・宅配便は直接宅配業者に連絡する必要があります。

お客様相談センターに問合せましょう。

転居届はインターネットで

郵便局への転居届はインターネットで簡単に済ませることができます。

ご自身の郵便物が他人に届かないように、早めに手続きを行っておきましょうね。

『オンラインでらくらく転居届 e転居』

...

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もあわせてお読みください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました