花粉症 腸内環境から免疫力を高める!効果的に善玉菌を増やすには継続摂取できる仕組みを!

花粉症 腸内環境から免疫力を高める!効果的に善玉菌を増やすには継続摂取できる仕組みを! 暮らし

花粉がつらい季節が続きますね。。

花粉症というのは、体内の免疫反応が過剰に起きてしまう症状です。

その免疫機能を支えるのが

腸の働きを良くすれば、花粉症の症状が緩和されると言われています。

どうすれば効果的に腸内環境を整えられるのか、よく耳にする乳酸菌についても触れながら、ご説明していきます。

腸内環境とは

腸内にはたくさんの100兆個の細菌が生息しており、善玉菌・中間の菌・悪玉菌の3グループに分かれます。

腸内環境を整えるためには、善玉菌の割合を増やすことが重要です。

善玉菌は乳酸や酢酸などを作り、腸内を酸性にすることによって、悪玉菌の増殖を抑えて腸の運動を活発にします。

さらに、善玉菌は腸内でビタミンを産生させる他、体の免疫力を高め、血清コレステロールを低下させる効果も報告されています。

善玉菌の割合を増やすには

善玉菌を直接摂取する

善玉菌を多く含む食品を通じて、直接摂取する方法です。その代表が乳酸菌です。

乳酸菌は、発酵によって糖類から乳酸を作り出す性質を持つ微生物のことを指します。

食品としては、ヨーグルト・チーズ・漬け物・日本酒など発酵食品の製造に使われています。

ヨーグルトなどでよく知られているビフィズス菌も乳酸菌の一種です。

腸内の善玉菌を増殖させる

腸内にもともと存在する善玉菌を増やす作用のある食品成分を摂取します。

その代表はオリゴ糖と食物繊維です。

これらの成分は野菜類・果物類・豆類などに多く含まれています。

オリゴ糖は、大豆・たまねぎ・ごぼう・ねぎ・にんにく・アスパラガス・バナナなどの食品にも多く含まれていますので、これらの食材を食事に取り入れると良いでしょう。

花粉症 腸内環境から免疫力を高める!効果的に善玉菌を増やすには継続摂取できる仕組みを!

乳酸菌を効果的に摂取する

乳酸菌は、毎日続けて摂取し、腸に補充することが重要です。

腸内にある程度の期間は存在しても、住み着くことはないとされているためです。

また、乳酸菌は胃酸に弱いため、食後に摂取するとより確実に腸まで届きます。

オリゴ糖・食物繊維を効果的に摂取する

上記で挙げたような食材の他、特定保健健康商品、いわゆるトクホを活用するのも一つです。

トクホは、オリゴ糖や食物繊維だけでなく、カルシウムやアミノ酸などの体に良い成分が多く含まれます。

市販されているオリゴ糖製品の有効摂取量は、一日あたり2~10gです。

なお、オリゴ糖を急に摂取すると下痢を起こしたり、おなかが張ったりすることがありますので、お気をつけください。

継続摂取が何より大事

乳酸菌にせよ、オリゴ糖にせよ、摂取し始めてから効果を実感できる目安は2週間とされています。

ですのでまずは2週間、継続して摂取することがとても大事です。

途中で挫折してしまったり、忘れてしまうことのないように、ある程度まとめて買い溜めしてしまうのも手かもしれません。

最後に、おススメ製品のリンクを貼っておきます。

ネットを調べると「R-1がいい」「ヤクルトがオススメ」など出てきますが、個人的には、自分が無理せず続けられるものを選ぶのが一番かなと思います。

お値段や味などのバランスを踏まえていろいろ試してみてください!

(本記事は、厚生労働省「生活習慣病予防のための健康情報サイト」を参考にして執筆しています)

コメント

タイトルとURLをコピーしました