電気代 8社比較して計算しました 一番お得な電力会社は?納得の1社を選ぼう!

電気代 8社比較して計算しました 一番お得な電力会社は?納得の1社を選ぼう! 暮らし

電力会社を選べるようになったのはいいけど、どう選べばいいのかわからない…

という方のために、電力会社の料金プランを8社比較しました

どこの会社でどのくらい電気料金がお得になるのか、シミュレーションしています。

東京電力から切り変えるだけで年5,000~10,000円は安くできます手続きも無料!

ぜひこの機会に電力会社切り替えをご検討ください!

電力会社を選べる時代に

これまで家庭向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。

ところが2016年4月以降、電気の小売業への参入が自由化され、電力会社や料金メニューを選べるようになりました。(経済産業省「電力の小売全面自由化って何?」)

新しく参入した電力会社は、どこも料金プランを安く抑えています

東京電力・関西電力といった昔からの電力会社を利用されている方にとっては、どの会社を選んだとしても、今よりは電気料金を抑えられるようになります。

電気代の内訳

家庭用の一般的な料金プランは『従量電灯プラン』と呼ばれ、基本料金と電力量料金で決まります。

※厳密には、さらに再エネ賦課金が上乗せされますが、金額はどの電力会社でも同じです。詳細は資源エネルギー庁のサイトをご覧ください。

基本料金

毎月定額でかかる料金です。

契約アンペア数で金額が決まります。

今の契約アンペア数は、電力会社から毎月届く「電気使用量のお知らせ」で確認できます。

契約アンペア数の目安は、20Aは一人暮らし、30Aは夫婦二人、40Aは一般的なファミリー、50Aは家族数の多い世帯、60A以上はオール電化の家庭向けです。

僕は夫婦二人・幼児一人で30Aです

電力量料金

月の電力使用量に応じて増える料金です。

こちらも、毎月の「電気使用量のお知らせ」で確認できます。

ご使用量 ●●kwh と記載されています。

使用量に応じて段階的な金額設定がされていて、最初の120kWhまで、300kWhまで、それ以上という三段階で、1kWh当たりの料金が変わります。

家庭1軒あたりの使用量平均は250kWhです。(東京電力の調査データより)

エアコンをたくさん使う時期は300kWhを越えます

東京電力の例

例えば、東京電力における一般的な従量電灯Bの料金プランはこちらのようになっています。

電気代の内訳 基本料金と電力量料金

8社料金プラン比較

電気代の内訳がわかったところで、さっそく各社の料金プランを見ていきましょう。(2021年1月時点の内容です)

電力会社8社 料金プラン比較 東京電力 ソフトバンクでんき 楽天でんき エルピオでんき

・・・これだけ見ても、よくわかりませんね。。。

基本料金を低く抑えている会社もあれば、電力量料金を抑えている会社もあります。

傾斜のかけ方も異なるので、結局どこが一番安くなるのかわかりません。

実際の電気代はいくら?

実際にいくらになるのか、8社の電気代を計算しました。

30A、40Aそれぞれの場合に分けています。

月平均使用量は、今の電気代に近いところをご覧ください。

目安、5000円なら200kWh、6500円なら250kWh、8000円なら300kWh、9000円を超えるなら350kWhです。

30Aの場合

電力会社8社 料金比較 30A契約 月使用料200kWhの場合 東京電力 ソフトバンクでんき 楽天でんき エルピオでんき
電力会社8社 料金比較 30A契約 月使用料250kWhの場合 東京電力 ソフトバンクでんき 楽天でんき エルピオでんき
電力会社8社 料金比較 30A契約 月使用料300kWhの場合 東京電力 ソフトバンクでんき 楽天でんき エルピオでんき
電力会社8社 料金比較 30A契約 月使用料350kWhの場合 東京電力 ソフトバンクでんき 楽天でんき エルピオでんき

40Aの場合

電力会社8社 料金比較 40A契約 月使用料200kWhの場合 東京電力 ソフトバンクでんき 楽天でんき エルピオでんき
電力会社8社 料金比較 40A契約 月使用料250kWhの場合 東京電力 ソフトバンクでんき 楽天でんき エルピオでんき
電力会社8社 料金比較 40A契約 月使用料300kWhの場合 東京電力 ソフトバンクでんき 楽天でんき エルピオでんき
電力会社8社 料金比較 40A契約 月使用料350kWhの場合 東京電力 ソフトバンクでんき 楽天でんき エルピオでんき

\無料で簡単お見積り/

年間どのくらい電気代が安くなるか

一番わかりやすい、東京電力とエルピオでんきの例で計算してみます。

年間5,000~10,000円は電気代を安くできます

年間電気代比較 30Aの場合 40Aの場合 東京電力 エルピオでんき

どの電力会社を選ぶのが正解か

ここまでお読みいただけた方は、「とりあえず東京電力からは変えたほうが安く済みそう」というところまではイメージできたのではないかと思います。

そして、金額は、どうやらエルピオでんきが一番安そうです。

ですが・・・悩ますようなことを言うようで申し訳ないですが、各社、切替時のキャッシュバックキャンペーンを行っています

この金額を考慮すると、時期によって一番お得な会社は変わってしまいます。

確実に一番お得な選択をしたいのであれば、見積りをとって複数社見比べるのが良いと思います。

また、楽天ユーザーとソフトバンクユーザーの方は、楽天でんき、ソフトバンクでんきもあわせて検討ください。

この2社は、他電力会社に比べるとやや割高な分、ポイントが還元されます。

ヘビーユーザーの方は、ポイント還元を優先したほうがお得になります

ライトユーザーであれば、トータルはあまり変わりません。

ポイント還元を優先するか、電気代そのものを下げたいかは好みで選んでよいと思います。

結論

電気代を一番安くしたいなら

エルピオでんきが良さそうですね。

\エルピオでんきはこちら/

キャンペーンを利用して一番お得な選択をしたいなら

複数社の見積もりを一括で取ると納得のいく選択ができそうです。

\無料一括お見積りはこちら/

そして、楽天やソフトバンクユーザーはそれぞれの電気会社も比較してみる、という選択かなと思います。

\ソフトバンクユーザーはこちら/

ぜひご自身の状況に合わせてお選びください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました