ギャン泣きの赤ちゃんを泣き止ませたい!効果的な10の方法

0歳育児

赤ちゃんのギャン泣き、つらいですよね。

泣き止まない赤ちゃんを相手にしていると、どうしていいか本当に悩みます。

ご近所に響きわたる泣き声も心配。

精神的にも追い詰められます。

とにかく早く泣き止んでくれー

ぼくが試して効果があった方法をご紹介します。

外に連れ出す

抱っこして外に連れ出します。

まだ赤ちゃんが小さいうちは、ベランダや玄関を少し出るだけでも効果ありです。

肌に触れる空気、聞こえる音、外の光などが一気に変わるのがわかるのでしょうね。

気候が良ければ、抱っこ紐で5分くらい家の周りを散歩するだけでも、全然違います。

親の気分展開にもなります。

暑さ寒さが厳しい季節は無理に外に出ないようにしてください。

軽くドライブ                    

チャイルドシートで寝てくれる子なら、軽くドライブするのも一つです。

寝てくれれば、そのまま車をどこかに停めてしまってOK。

後ろに赤ちゃんを寝かしたまま、大人は運転席で貴重な一人時間です

スマホをいじるもよし、本を持ち込んで読むもよし。

ぼーっとして過ごしましょう。

オムツを変える

うんちやおしっこをしてなくても、オムツを変えちゃいましょう。

ギャン泣きしているとオムツのなかも蒸れています。

一度オムツを外してあげるだけでも、ちょっと涼しくなるのか泣き止みます。

歌を歌う

抱っこしながら歌を歌ってあげます。

子守歌を歌ってあげるのが定番。

ですが個人的には、ギャン泣きの赤ちゃん相手に子守歌だと弱すぎる印象です。

なので自分がわかる好きな歌を歌ってあげています。

普通にJ-POPとか。

そのほうが親も気分的に楽ですしね。

うちわであおぐ

一気にばたばたばたっとあおぎます。

突然の風に驚いて「ほよっ!?」っと泣き止みます。

少し乱暴なくらいにあおいだほうが効果があります。

電気を消す

部屋の電気を消して真っ暗にして、眠りに誘います。

抱っこしながら歌を歌ってあげると、より効果的です。

中途半端に眠い状態で部屋を暗くすると、逆に目を見開いてしまうこともありますが…。

POISONをかける

言いたいことも言えないアレですね。

なぜ効くのか全然わかりませんが、うちの子にも抜群に効果がありました。

YouTubeに広告無し、無限ループの動画がいくつも上がっています。

ぜひ検索してみてください。

ミルクをあげる

赤ちゃんがギャン泣きしていると、ついひたすら抱っこしたりあやしたりしてしまいます。

でも実は、お腹が空いているだけかも?

鏡を見せる

少し月齢が進んでからにはなりますが、鏡で赤ちゃん自身の姿を見せてあげるのも効果的。

ニコニコの笑顔になります。

不思議ですよね。

ビニール袋でシャカシャカ

シャカシャカした音が気になるみたいです。

遊び道具で手渡してみても効果があります。(絶対目を離さないようにしてください!)

これもどうして効果があるのかイマイチ理屈がわかりませんが、効きます。

とにかくいろいろ試してみる

残念ながら、赤ちゃんを泣き止ませる方法に正解はありません。

きのうは効果があった方法が、今日は効かないかもしれない。

でも一度試してダメだったものが、急に効くようになったりもします。

ぼくも確実に効果のある方法をずっと探していました。

ですが、上の子のときも下の子のときも、結局確実に効く方法を見つけることはできませんでした…。

なので、とにかく試す。

効くかどうかわからないけど、根気強くいろんな方法を試す。

その気持ちが大切です。

大変な新生児期、一緒に乗り越えていきましょう…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました