早めに対処!乳幼児の発熱・鼻水・せき 病院に連れて行く前におうちでケアできること

早めに対処!乳幼児の発熱・鼻水・せき 病院に連れて行く前におうちでケアできること 0歳育児

小さなお子さんの急な発熱・鼻水・せき、心配ですよね。

できれば病院に連れて行ってあげたいけれど、すぐには難しい場合もあると思います。

症状が軽いようであれば、早い段階でおうちで治してあげたいですよね。

パパママがおうちでできるケアをご紹介します。

\無料えほん&DVDプレゼント中!/

体温を調整する

体温を測る

体温が37.5度以上あるようであれば高熱と判断します。

お子さんが動き回っていると正確な体温が測れませんので、しっかり抱っこしてから体温を測ってあげましょう。

\子どもは熱があっても案外動き回ります/

熱の上がり始めは温める

熱が上がり始めた段階では、血流が悪くなるため手足が冷たくなったり、悪寒を感じたりします。

手足が温まり、汗をかき始めるまでは、しっかり温めてあげましょう。

着ているものを一枚増やしたり、かけている布団を厚くしたりしてあげます。

熱を冷ます

顔が赤くなって汗をかき始めたり、手足が温まってきたら熱が上がり切ったサインです。

熱を冷ましてあげましょう。

冷たいタオルや氷枕などでおでこや首元を冷やしてあげます。

ぬるま湯で絞ったタオルで体を拭いてあげるのも効果的です。

薄着にし、汗をかいてあげたら着替えさせてあげましょう。

\やわらくて気持ち良いみたいです/

\高熱の時に寝つきが良くなりました/

水分を補給する

発熱時はいつもよりも体内の水分が失われがちです。

脱水症状を防ぐためにも、1時間に1回程度、こまめに水分補給をさせましょう。

湯冷ましや麦茶、経口補水液、イオン飲料がおすすめです。

吐いてしまう時は、少量を少しずつあげましょう。

\安心安全の乳幼児用経口補水液/

\常備しておいて損はない定番/

栄養を補給する

高熱時は食欲が落ちます。

食べやすく、消化に良いものをあげましょう。

おかゆ、雑炊、うどん、スープなどがおすすめです。

\娘が確実に食べてくれたのがこちら/

空調を整える

1時間に1回は窓を開けて換気をしましょう。

空気が乾燥している時は、加湿器などを利用して湿度を50~60%以上に保ちましょう。

加湿器が無い場合は、洗濯物を部屋干しにすると効果的です。

鼻水を吸ってあげる

鼻水が詰まる前に、鼻吸い器や綿棒で小まめに取ってあげましょう。

温めたタオルを鼻の上から当ててあげると、取りやすくなります。

寝る前にすっきりさせてあげると、寝つきやすくなります。

\自信を持ってオススメしたい/

大人も風邪をもらわないように

お子さんから大人が風邪を移されてしまった、というのはとてもよく聞く話です。

せっかくお子さんが元気になっても、大人が寝込んでしまっては意味が無いですよね。

うがい・手洗いをしっかりして、大人も体を温かくしておきましょう。

この症状はすぐに病院へ!

このような症状が見られる場合には、すぐに病院に連れて行ってください!

・38度以上の高熱(特に生後3か月未満の場合)

・呼吸が息苦しそう

・意識がぼんやりとしている

・元気がなく、ぐったりして反応が弱い

・顔色が青白い

・嘔吐や下痢が続いている

・けいれんが続いている

・高熱でも手足が冷たい

病院を受診すべきか判断に迷ったら

もし病院を受診すべきかどうかの判断に迷ったら、「#8000」に電話してください。

各都道府県の相談窓口に自動転送され、小児科医師・看護師からお子さんの症状に応じたアドバイスを受けられます。

\無料えほん&DVDプレゼント中!/

こちらの記事もあわせてお読みください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました